エコシステム

モジュールで発電し、接続箱で電力をまとめる。
屋根などに設置された太陽電池モジュールに太陽光が当たると発電します。この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を買ったり売ったりできるというしくみです。 昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。また、夜間など発電できない時は必要分のみを電力会社から購入し、自動的に使い分けるので、光熱費を大幅に節約することができます。
パワーコンディショナーで交流に変換、分電盤で各部屋に電気を送ります。余った電力は電力会社に売ります。
太陽光発電を楽しみながら省エネ生活
京セラのエコノナビット ii、三洋電機のエネステーションなどを使えば、リアルタイムに発電状況や電力消費量、売電量などがチェックできます また、累計積算データ等を数値とグラフで表示するなど、電気の動きを、実際に目で見ることが出来るので、家族の節電・省エネ意識を高めることができます。
リアルタイムに発電状況や電力消費量、売電量などがチェックできます

▲ Top of Page

通信・IT・セキュリティに関することならおまかせください。日本通信産業株式会社[NTS] 〒550-0015 大阪市西区南堀江4丁目25-26 TEL:06-6535-2828 FAX:06-6535-2829