安定器バイパス工事
従来の蛍光灯を点灯させるには、蛍光灯以外にも電圧や電流を制御する"安定器"が必要です。
安定器の寿命は8〜10年程度。寿命が近づくと、消費電力が増加し、頻繁に蛍光灯の取替えが必要となります。
交換するにも、安定器本体で5〜8千円、工事費や部品代を含めると、更に費用がかかってしまいます。
また、安定器自体の消費電力が7〜11Wと高く、1本1本は安い蛍光灯でもトータルで考えると多くの費用をかけていることになります。

【安定器バイパス工事】

当社のLED蛍光灯は、安定器を使わないバイパスタイプ。電力のロスをなくし、トータルコストを大幅に抑制できます。 この安定器(配線)を外すバイパス工事を行います。
安定器をつけたままLED照明を使用すると、故障の原因になります。既存の器具に直接差し込んで使用できるタイプもありますが、安定器をつけたままでいると7〜11Wの余計な電力を消費してしまいますので、バイパス工事をすることをオススメします。

LED照明取り付け工事
安定器の取り外しまたは回避し新たに結線します。
タイプによっても方法が異なります。また、ショートや感電といった危険があるため、法律上電気工事士の資格を持っていないと行えません。

【配線工事参考例】

配線工事参考例:グロータイプ・グロー昇圧型・ラピットタイプ

LED取り付け

LED取り付け

当社では、販売から取り付けまでオールインワンで承っております。
お買い上げ本数やLEDの本体価格・工事費の値引きも致しますのでお気軽にお問合せください。
安心・低コストな安定器バイパス式!100本導入で今なら一本200円引き!
※安定器を回避する配線工事には電気工事士の資格が必要です
※安定器のバイパス工事後は、従来型の蛍光灯のご使用はおやめください。

通信・IT・セキュリティに関することならおまかせください。日本通信産業株式会社[NTS] 〒550-0015 大阪市西区南堀江4丁目25-26 TEL:06-6535-2828 FAX:06-6535-2829